2017
02.26

大麻は大麻でも産業用大麻(ヘンプ)伺って来ました。

北海道, 農業

産業用の大麻はヘンプと言うそうです。

上川郡の東川にある松家農園さんで話を聞いてきました。

松家さんの話は別の話で取り上げる予定です。

去年は特に医療用大麻という話が話題になりましたね。

色々なイメージがある大麻ですが、どこから話そうか悩む位、色々な話を伺ってきました。

まずは、このヘンプを作るには許可が必要という事。

それは厚生労働省が判断するという事でした。

北海道では北見にヘンプを作ってる農家さんがいるとの事で、松家さんと合わせて2人が北海道では生産している。

その許可は更新という形ではなく、毎年申請して許可を得なければいけない。

ヘンプの畑には防犯カメラ等の管理が必要。

松家さんはこんな感じで管理してました、建物の上に監視カメラがあります。

これは、持ち出されない様な処置が必要だという事でした。

今年の申請はこれからするそうです。

去年に鳥取であったヘンプ農家の事件をうけてから、審査が厳しくなったという事。

普段なら前年の末に申請して次年度の1月1日から、普段なら許可を受けるそうです。

この石鹸等の加工品も販売には許可が必要との事。

さて、1番気になる、お金の話も聞いてみました。

「販売先はどうなってますか?」との質問に、まだ販売はしてないとの事でした。

それは許可が必要で、まだその許可が下りてないという事と、もう1つの理由があります。

松家さんは、儲けようとして生産している訳ではないという事でした。

今まで日本では大麻を生産していたという事で、その伝統を守りたいという事です。

麻としての価値が大きいという事でした。

ヘンプは農業としてのジャンルはないそうです。

つまり農業としての品目としては登録されてないという事ですね。

松家さんは「草」と同じジャンルだ、と笑ってました。

今年はまだ許可が下りてなくて、4月位になるんじゃないかという事です。

ちなみに、このヘンプは幻覚作用がない品種だそうです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。